エアバッグの異常破裂でホンダが163万台リコール

エアバッグの異常破裂でホンダが163万台リコール

honda55

HONDAホンダ リコール

タカタ製エアバッグの欠陥問題で、ホンダは9日、新たに163万479台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

一連の問題で国内のリコール台数は、12社で計約947万台に膨らんだ。

国交省によると、ホンダが行ったサンプル調査で、ガス発生剤の密度が低下したエアバッグが見つかった。

不具合の原因は分かっていないが、異常破裂する恐れがあるためリコールを決めた。

対象は運転席エアバッグを搭載したフィットなど17車種(2007年1月~11年12月製造)で、タイの現地法人が生産した車も含む。

密度が低下したガス発生剤は、異常燃焼して破裂する恐れがあるという。

いずれもメキシコの工場で生産されていた。 

感想

2007年1月~2011年12月製造のHONDA車に乗っている人は、一度ディーラーにエアバッグの異常について確認することをおすすめします。

いやはや、163万台ってすごいですね。

自動車メーカーとして費用以上に信頼の損失が痛いと思います。

私は現在ホンダのNワゴンに乗っており、燃費と実用性が高く気に入っています。

次に車を買い換えるときはホンダをと思っていますが、FITのハイブリッドシステムの不具合など、最近リコールが多いため、別のメーカーを考えるようになりました。

メーカーは安く製造して利益追求することも大事ですが、品質の高い車を造ることを大切にして欲しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA