【資格】クレーン運転士の学科試験に受かりました【勉強方法・合格率・収入】

【資格】クレーン運転士の学科試験に受かりました【勉強方法・合格率・収入】遊戯王カード 【クレーンクレーン】ST13-JPV06-N ≪スターターデッキ2013 収録≫イラスト画像

クレーン運転士の学科試験に合格

最近までブログの更新頻度が低かったのは、2週間くらいクレーン運転士学科試験のために勉強していたからです。

私の仕事は、製鉄会社の事務職なので、管理職になるために専門の資格を取得するように、会社から指示がありました。

2015年9月15日に受験して、2015年9月25日に合格の結果が出ました。

落ちた場合は、立場上会社にいられない状況に追い込まれるため(パワハラがひどい)、必死で勉強しました。

合格率

213人受けて合格者数数えたら、138人だったので、約64%が合格率です。

例年そんな感じらしいです。

勉強方法

私は、高等学校は普通科で、大学は法学部です。

工業関係の知識が全く無かったため、力学、電気は基礎から勉強しました。

頭悪いし、集中力が続かないタイプなので、質より量の勉強スタイルです。

必ず毎日勉強時間を確保して、知識を増やしました。

試験は4科目あり、各項目4割以上、トータル点数6割以上、その2つを満たしていれば合格です。

今まで受かった先輩から話を聞くと、クレーン学科試験過去問を8年分、前期後期16回分を勉強して、全て暗記すれば、6割とれるそうです。

私が受験して感じたのは、工業関係の学校を出ていなければ、参考書などで基礎的な部分を勉強しないと、落ちる可能性が高い、と思いました。

基礎的な部分を理解していないと、簡単な問題を間違えてしまいます。

収入

クレーン運転士は、ある程度の会社なら年収400万以上は簡単にもらえます。

同じ業界の人が言ってました。

私の会社は業務の割に給料が少ないことで特に有名なので、そんなにもらえませんが、それでも転職に有利ですし、取れば一生ものの資格です。

さいごに

もし、クレーン運転士の学科試験を受ける人がこの記事を見ていたら、以下のことに気をつけてください。

・名前の書き忘れ

・マークミス

・定格荷重、つり上げ荷重の入れ違い、など簡単な問題を確実に正解する

・計算問題の単位入れ替えなどのひっかけに気をつける

ある程度勉強すれば、上記のことを注意しておけば合格します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA