【遊戯王】環境テーマ、帝の対策について考察【随時更新・メタカード・大会サイドデッキ・最新情報】

冥帝めいていエレボス

帝テーマの特徴

帝は、アドバンス召喚の成功時に、強力な効果を発動して、アドバンテージを稼ぎます。

また、最近発売された帝をテーマにしたストラクチャーに強力なサポートカードが多数収録され、環境テーマになりました。

特殊召喚をあまりしないため、他のテーマに比べて、対策が取りにくいのも特徴です。

帝テーマの対策

・生贄封じの仮面

永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いのプレイヤーはカードをリリースできない。

帝対策なら、1番効果的なカードだと思います。

罠カードなので、相手ターンに、任意のタイミングで発動できる点が、優秀です。

リリース素材が場に出ているアドバンス召喚前に発動すれば、妨害によってアドを稼ぐことが出来ます。

このカード、マジェスペクターにも効果的です。

マジェスペクター魔法罠カードは、発動コストでモンスターのリリースが必要です。

生贄封じの仮面で、マジェスペクター魔法罠カードを防ぎ、マジェスペクター・ユニコーンのアドバンス召喚を防ぐことができます。

・暗闇を吸い込むマジック・ミラー

永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上・墓地で発動する闇属性モンスターの効果は無効化される。

闇属性の効果を無効にする強力な罠カード。

個人的には、1番大会サイドに入れて欲しいカードです。

エイドス、ガイウス、エレボスなど、強力なモンスターの対策になります。

注目すべき点は、墓地の闇属性モンスター効果を無効にすることです。

エイドスの特殊召喚効果を無効にできます。

このカード、他の多くの環境テーマにぶっ刺さります。

彼岸・・・墓地発動の効果が使えなくなる

HERO・・・シャドーミストの効果、ダークロウの効果が無効になります

EMEm・・・ドクロバットジョーカーのサーチ効果が無効、アザトートの効果が無効

シャドール・・・墓地の闇属性シャドールモンスターは効果を発動できない

今の環境だとこのカードが有効な場面は多いので、遊戯王大会に出るならサイドへの投入をおすすめします。

・アンデットワールド

フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上及び墓地に存在する
全てのモンスターをアンデット族として扱う。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、
アンデット族以外のモンスターのアドバンス召喚をする事はできない。

帝対策として、有名なカード。

ストラク収録の冥帝エレボスのアドバンス召喚を許してしまうのが難点。

しかし、エレボス以外のアドバンス召喚は防いでくれます。

天帝アイテールをアドバンス召喚してサーチすることを防げるので、エレボスさえ相手の手札にこなければ、簡単に勝利できます。

フィールド魔法という点が優秀です。

テラフォーミングでサーチ可能なので、ピン刺しして、他のカードとサーチ先を共有できます。

・群雄割拠

永続罠
お互いのプレイヤーはそれぞれ種族が1種類になるように、
フィールド上の自分のモンスターを墓地へ送る。
このカードが存在する限り、
お互いに自分のフィールド上に出せるモンスターの種族はそれぞれ1種類だけになる。

帝は種族がバラバラなので、このカードが非常に有効です。

イデア召喚または特殊召喚→エイドスをデッキから特殊召喚→上級モンスターをアドバンス召喚、という流れを防ぐことができます。

また、このカードは環境テーマのEMEm(エンタメイトエンタメイジ)や魔術師系ペンデュラムテーマにも、非常に効果があります。

遊戯王大会ではサイドデッキの採用率が高いカードです。

・御前試合

永続罠
お互いのプレイヤーはそれぞれ属性が1種類になるように、
フィールド上の自分のモンスターを墓地へ送る。
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いのフィールド上に出せるモンスターの属性はそれぞれ1種類だけになる。

群雄割拠と同じく、モンスターの召喚、特殊召喚に大きな制限をかけることができます。

こちらは属性の指定です。

御前試合だと、帝は闇属性のエイドス→ガイウスまたはエレボス(真帝王領域でレベルを下げる)でアドバンス召喚ができるため、群雄割拠に比べて、帝に対する制圧力は劣ります。

・霧の王

効果モンスター
星7/水属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカードを召喚する場合、生け贄1体
または生け贄なしで召喚する事ができる。
このカードの攻撃力は、生け贄召喚時に生け贄に捧げた
モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
いかなる場合による生け贄も行う事ができなくなる。

アドバンス召喚そのものを制限するので対策としては効果抜群。

以下、難点

・モンスター効果なので、デモンズチェーンやブレイクスルースキルで突破される

・生贄(リリース無し)で霧の王を召喚すると、攻撃力・守備力が0のため、下級モンスターで突破される

・また、霧の王に耐性がないため、魔法や罠による除去で突破される(帝に魔法罠によるモンスター除去が入っていることは少ないですが、投入するケースはあります)

・M・HEROダークロウ(HERO出張セット)

融合・効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻2400/守1800
このカードは「マスク・チェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手の墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
(2):1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外で
デッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで除外する。

帝はと墓地利用とドローを頻繁に行うため、ダークロウの効果が有効です。

ただし、アドバンス召喚は可能なので、怨邪帝ガイウスだった場合、2枚以上カードを除外される恐れがあります。

・スキルドレイン

永続罠
1000ライフポイントを払って発動できる。
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上の全ての効果モンスターの効果は無効化される。

モンスターの効果を無効にすることにより、帝の強力な除去などを防ぐことができます。

罠カードなので、相手帝の召喚時にチェーンできる点が優秀です。

難点は、自分のモンスター効果も無効になるので、使えるデッキが限られることです。

・マクロコスモス

永続罠
このカードの発動時に、手札・デッキから「原始太陽ヘリオス」1体を特殊召喚できる。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、
墓地へ送られるカードは墓地へは行かずゲームから除外される。

墓地除外による対策。

難点は自分も墓地除外されること。

・エフェクト・ヴェーラー

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
(1):相手メインフェイズにこのカードを手札から墓地へ送り、
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

・クリムゾンブレーダー

シンクロ・効果モンスター
星8/炎属性/戦士族/攻2800/守2600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
次の相手ターン、相手はレベル5以上のモンスターを召喚・特殊召喚できない。

レベル5以上の上級モンスターの召喚・特殊召喚を封じるので強力な対策カードです。

利点

・アドバンス召喚そのものを制限するカードなので対策する効果が高い

・エクストラのモンスターなので素材が揃えば召喚可能(比較的、高確率で対策できる)

難点

・自分(こちらの)ターンにアドバンス召喚されると無力

・モンスター除去に弱い

・シンクロギミックを無理に入れるとサイドデッキに多くの枠を使ってしまう

・クリアウィング・シンクロ・ドラゴン

シンクロ・効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、このカード以外のフィールドの
レベル5以上のモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):1ターンに1度、フィールドのレベル5以上の
モンスター1体のみを対象とするモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(3):このカードの効果でモンスターを破壊した場合、
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
このカードの効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。

利点

・クリアウィング自身に体制があるため場持ちがいい

・エクストラによる対策は素材が揃えば出せる上に、局面によって、クリアウィングではなく別モンスターを召喚することもできる

・2500打点は2400打点の帝に打点で勝る

難点

アドバンス召喚はされてしまう

効果を無効にして破壊できるのは1ターンに1度のみ

魔法・罠によるモンスター除去に弱い

・キックバック

カウンター罠
モンスターの召喚・反転召喚を無効にし、
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

昔から帝対策として有名なカード。

特殊召喚に対応していないのと手札に戻るためアドを防ぎにくいのが難点。

手札に戻るという点では、墓地利用を防ぐというメリットにもつながります。

エイドスなど下級モンスターを通常召喚した場合に、手札に戻せば、相手の展開を妨害することもできます。

・畳がえし

カウンター罠
召喚成功時に発動する効果モンスターの効果の発動を無効にし破壊する。

こちらも昔から帝対策として有名なカードです。

召喚成功時に発動する効果は、強力な効果が多く、他の除去カードでは防ぎにくいです。

帝以外のテーマにも有効な場面が多いので、採用の余地は十分にあります。


・精霊の鏡

通常罠

プレイヤー1人を対象とする魔法の効果を別のプレイヤーに移し替える。

汎神の帝王にチェーンすれば相手の代わりにドローできるカード。

古い貴重なカードのため、お値段が高いです。

さいごに

帝は強力なテーマなので対策をした方がいいです。

今回紹介したカード以外におすすめのカードがあったら、よかったら教えていただけると嬉しいです。







コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA