【遊戯王】環境に対抗できるガチ・ガガガエクシーズ(gagagaxyz) 2015年4月新制限対応【デッキレシピ】

ガチガガガ新制限

上級モンスター 2枚

コスモクイーン 1

ドドドウォリアー 1

下級モンスター 10枚

ガガガマジシャン 3

サモンプリースト 1

ガガガガール 3

ガガガシスター 3

魔法カード 24枚

おろかな埋葬 1

名推理 3

死者蘇生 1

ハーピィの羽根帚 1

月の書 1

闇の誘惑 1

ソウルチャージ 1

簡易融合 1

ギャラクシーサイクロン

2 手札抹殺

1 手札断殺

1 オノマトペア

3 ガガガ学園の緊急連絡網

1 ガガガウィンド 1

ガガガボルト 1

ガガガリベンジ 3

禁じられた聖槍 2

罠カード 4枚

虚無空間 1

デモンズ・チェーン 3

エクストラデッキ 15枚

幻子力空母エンタープラズニル 1

神竜騎士フェルグラント 1

旧神ノーデン 1

NO.11 ビッグアイ 1

迅雷の騎士ガイアドラグーン 1

幻想の黒魔術師 1

マジマジ☆マジシャンギャル 1

NO.61 ヴォルカザウルス 1

始祖の守護者ティラス 1

NO.33 先史遺産-超兵器マシュマック 1

励騎士 ヴェルズビュート 1

NO.66 覇鍵甲虫マスターキービートル 1

鳥銃士カステル 1

ダークエクシーズリベリオンドラゴン 1

ガガガザムライ 1

サイドデッキ 15枚

セイクリッドトレミスM7

1 風紀宮司ノリト 1

ガガガガンマン 1

NO.103 ラグナゼロ

1 幽鬼ウサギ

3 エフェクト・ヴェーラー

3 サイクロン

3 ギャラクシーサイクロン 1

禁じられた聖槍 1

ガチ・ガガガエクシーズコンセプト解説

 

簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

ガガガモンスターを2体以上召喚して、レベルを変更してエクシーズ召喚するデッキです。

相手のデッキに合わせて、レベル調整でエクシーズモンスターを選ぶことができるので、臨機応変に戦うことができます。

弱点は手札補充の手段が少ないことです。

ランクの高いエクシーズモンスターは強力な能力を持っているため、その能力を上手く使えば勝てます。

初手は先行フェルグラントを立てて、デモンズチェーンで牽制しつつ、次のターンで幻想の黒魔術師で1キルを狙います。

フェルグラントがいれば、他のモンスターを守ることができるため、長期戦になりそうなときはフェルグラント優先がオススメです。

下記の1キルルートを狙うことをおすすめします。

マシュマック1キル

相手が攻撃力2800以上の特殊召喚したモンスターがいる場合成立します。

ガガガリベンジなどを使って、ガガガガールとガガガシスター、もしくはガガガマジシャンを場に揃える レベルをお互いに5に変更して、マシュマックエクシーズ召喚 ガールの効果で2800以上のモンスターの攻撃力を0にします。

マシュマックの効果でバーンダメージを与え、攻撃力を上げて攻撃して、トータル8000オーバー。

幻想の黒魔術師1キル

マジマジマジシャンギャルで攻撃力2600以上の相手のモンスターを奪う。

エクシーズチェンジして幻想の黒魔術師を特殊召喚。

黒魔術師の効果でコスモクイーンを特殊召喚。

コスモクイーンが攻撃宣言することで、相手フィールドのカードを1枚除外。

合計8000以上の打点になります。

上記2つのルートは初手でドドドウォリアーを特殊召喚することで、相手のモンスターの攻撃力が低くても1ショットキルが成立するようになります。

どちらにしてもガガガデッキは手札切れしやすいデッキタイプなので、相手にガガガであることがばれないほうが有利です。

初手先行の場合はデモンズチェーンや虚無空間を伏せてターンエンドするのも手です。

後攻の場合は相手の伏せカードに注意しながら、1キルを意識して攻めましょう。

主なカードの役割

カード1枚1枚の役割を紹介します。

なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

・ガガガマジシャン

 

ガガガデッキの一番重要なモンスター。

レベルを1から8まで自由に変更できるのは強力。

場に2枚出せないこととレベル変動は1ターンに1度だけなので注意。

おろかな埋葬などで墓地に送れば有利になります

・ガガガガール

このガガガデッキのヒロインその1。

相手のモンスターの攻撃力を0にできるため、マシュマックとの相性が抜群。

悩みましたが、ガガガらしさと1KILLルートを安定させるために3積みしました。

名推理のおかげであまり事故らないので、3枚でよかったと思います。

↓ガガガ出てからずっと使ってるから気づかなかったけどガガガガールかなり値上がりしてるので驚きました。

・ガガガシスター

このガガガデッキのヒロインその2。

大きいお兄ちゃんが大好きなモンスター。

私、めっちゃ好きです。

ガガガと名の付く魔法・罠をサーチできる優秀なモンスター。

オノマトペアで優先してサーチしたいモンスターです。

・ドドドウォリアー

オノマトペアの追加サーチ先であり、打点の底上げ要員。

特殊召喚レベル4にして、ガガガマジシャンを通常召喚すれば、ランク4が出せますが、ガガガデッキとしてはあまり美味しくないです。

・オノマトペア

ガガガデッキの強力なサーチ魔法。

ガガガ、ドドド、ズババ、ゴゴゴと名のつくモンスターをそれぞれ2枚サーチできる。

このカードおかげでデッキの安定性が大幅に向上しています。

・名推理

ガガガデッキ研究の末、導入してみました。

感想としては、ガガガデッキとすごく相性が良いです。

ガガガデッキの弱点だった初動の遅さをカバーしてくれています。

ギャラクシーサイクロンが落ちれば、墓地で効果を発動して、スキルドレインやペンデュラムスケールの破壊が可能です。

また、マシュマック1KILLや幻想の黒魔術師1KILLを狙う場合に、追加でモンスターを名推理で特殊召喚すれば、より1KILLしやすくなります。

インフェルノイドの影響で値上がりしてます。

・ギャラクシーサイクロン

上記名推理と相性抜群。

手札にあれば最大2回効果を使えるため、アド損しにくいので、ガガガデッキにあっています。

このガチガガガエクシーズデッキを変更するのに採用できそうなオススメのカード

この項目では、このデッキに採用できそうなカードを紹介します。

・精神操作

相手のモンスターを奪った上で、ガガガマジシャンを使ってエクシーズの素材にできます。

決まれば大きなアドバンテージを得られます。

ダークロウやミドラーシュといったモンスターを一時的に効果を防ぐのにも使えます。

エクシーズ主体のデッキには弱いのですが、最近の環境はエクシーズする場面は減ってきてますので採用を考えてもいいと思います。

採用しなかった理由は、事故率を下げるためです。

ガガガマジシャンがいないとレベルを合わせてエクシーズできないので、ガガガモンスターやサーチカードなどの魔法が初手に来てほしいため採用を見送りました。

・ダークバースト

ガガガシスターを再利用するために採用をするのはありです。

今回のガガガデッキは奇襲戦法・短期決戦が目的なので、初動が遅い子のカードの採用を見送りました。

環境が高速化しているため、過去に採用はしていたのですが、今は採用すべきではないと思います。

トラップを増やして持続型にするのであれば、ピン刺しするのはありだと思います。

 

シャドール対策

シャドールはハンドアドバンテージを取りやすいデッキです。

エルシャドールミドラーシュを出されると特殊召喚が制限されて不利になります。

デモンズチェーンで効果を無効にできると有利です。

ガガガシスターを召喚して、ガガガボルトをサーチして破壊するという手があります。

ネクロス対策

ネクロスで注意すべきなのはユニコールの影霊衣とクラウソラスの影霊衣。

ユニコールの影霊衣

ユニコールは相手のエクストラデッキから特殊召喚したモンスターの効果を無効化するので手強い。

打点が2300あるので突破しにくい。

クラウソラスの影霊衣

クラウソラスの影霊衣はエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターの効果を1ターンに1度無効にして攻撃力を0にする。

儀式魔人と合わせることで特殊召喚をできなくしてゲームエンドまで持っていくデッキが流行っています。

どちらもデモンズチェーンもしくはガガガボルトで突破することができます。

クリフォート対策

警戒すべきは激流葬とスキルドレイン。

名推理でギャラクシーサイクロンが落ちることを狙います。

ヒーロー対策

ダークロウが高確率で立ちますので、警戒してください。

デモンズチェーンで効果を無効に知るのも手ですが、一番いいのはビッグアイでダークロウを奪うことです。

オノマトペアからシスター召喚→ガガガウィンド→ガガガマジシャン→マジマジマジシャンギャル、この流れでダークロウを1ターンだけ奪うこともできます。

激流葬が相手の場に伏せてあることが多いので、展開は警戒して行います。

テラナイト対策

警戒すべきは相手の豊富な罠カードです。

激流葬を打たれると不利になります。

禁じられた聖槍で守りつつフェルグラントなど耐性持ちモンスターを召喚しましょう。

相手も墓地のテラナイトモンスターをエンタープラズニルで除外するのも有効です。

ガチガガガエクシーズまとめ

ガガガデッキの魅力は様々なランクのエクシーズ召喚や1ショットキルルートなど派手な要素が多いことです。

私が持っているデッキで、使っていて一番楽しいデッキかもしれません。

運の要素はありますが、上手く回せばガチデッキにも十分に勝てます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA