【遊戯王】本日、管理人が激安デッキを使って公認大会で優勝しました【デッキレシピ・大会レポート】

管理人、遊戯王公認大会初優勝

遊戯王公認大会初優勝直後景品オッドアイズ魔術師マジェスペクター

先日ブログで紹介した魔術師マジェスペクターを使い、公認大会で優勝することができました。

・【遊戯王】2015年10月新制限ガチ・オッドアイズ軸魔術師マジェスペクター【デッキレシピ・環境対策済み大会仕様】

http://wp.me/p5tZkd-wh

2015年10月新制限遊戯王公認大会優勝魔術師マジェスペクターデッキレシピ

友人が待ち合わせに遅刻したため、待っている間に少し調整しました。

ちなみに、遅刻した友人は使用する帝デッキ(他大会で準優勝)を家に忘れてきたため、UAを使用して、初戦敗退でした。

何やってんだよー(白目)。

このデッキの特徴は、構築が他の魔術師マジェスペクターと違い、ペンデュラムマジシャンや巨神鳥が入っていません。

理由が、お金がないからです。

もう一つの理由が、事故率を下げるために、展開が遅くなるカードや召喚が難しいカードは、徹底的に抜いてます。

以前投入していた、マジェスペクターフォックスとマジェスペクターテンペストは抜いて正解でした。

手札事故率が下がり、展開力が上がりました。

このデッキの長所は、安く組める上に、サーチカードが多いため事故率が低く、展開力と持久力があり、多くのデッキと対等に渡り合えると思います。

そうは言っても、今回の自分の優勝は、運が良かったからです。

大会レポート

トーナメント式でマッチ戦、5回戦までありました。

管理人は、前日(当日)深夜2時までデッキ構築と回し方の研究をしていたため、寝不足での参加となりました。

たまたまなんですが、トーナメントで1番最初に名前を呼ばれました。

樹形図の1番端っこから、収束部分に向かって、側面をなぞるように勝ち進みました。

・第一戦目 VSオッドアイズ魔術師 ◯◯ 2戦ストレート勝ち

私のデッキはオッドアイズ軸魔術師マジェスペクターなので、ミラーマッチに近かったです。

今回の自分のサイドはEMEmメタを多めに投入していたため、2戦めにそれらのカード(魔力の泉、ペンデュラムモラトリアム)が活躍しました。

対戦後に会話すると、マスクチェンジセカンドでおっpやドクロバットジョーカーをリリースして、M.HEROダークロウを出すデッキとのことでした。

ダークロウが出てくる前に勝つことができて良かったです。

・第二戦目 竜星グレイドル ◯×◯ 2勝1敗

相手は大会で以前に戦ったことがある人でした。

その時は、相手はクリフォートを使っていました。

スキルドレインを使われ、揺れるまなざしを4回も使用されて、非常に苦戦しました。

対戦前に、こちらの使用デッキを確認して、サイドからまなざしを投入していたとのことです。

竜穴の魔術師のP効果でスキルドレインを破壊して、何とか勝つことができました。

・第三戦目 暗黒界 ◯◯ 2勝ストレート勝ち

マジェスペクターにはグラファの破壊効果に耐性があり、そもそも対象にならないため、最初から最後までめっちゃ有利でした。

・第四戦目 妖仙獣 ×◯◯ 2勝1敗

ものすごく強い妖仙獣でした。

ガチデッキを倒して勝ち進んできた妖仙獣で、相手の構築がめっちゃ面白かったです。

初戦はビヨンドザホープにストイック・チャレンジを使われ、ワンキルされました。

凶旋嵐から大幽谷響を特殊召喚して、ランク6ビヨンドザホープをエクシーズ召喚されました。

マジェスペクターラクーンを攻撃表示で出していたのですが、ビヨンドホープは対象をとらずに相手の攻撃力を0にして効果を無効にできるので、マジェスペクターの天敵でした。

相手の妖仙獣デッキは一回休みなど搭載しており、現環境に十分対応できる良いデッキでした。

1キルができ、面白い展開を重視する、という点で自分の構築スタイルと似ていたため、話していて楽しかったです。

・第五戦目 彼岸 ◯◯ 2勝ストレート勝ち

最終戦は、遊戯王の現環境で、最強クラスの彼岸でした。

いやー、強い強い!

相手が展開すればするほど、手札が増えていくので、苦笑いが止まりませんでした。

その彼岸に勝つことができたのは、マジェスペクター・ユニコーンのおかげです。

自分フィールドのサーチモンスターをバウンスして何度もアドをとります。

具体的には、ラクーン(ドクロバットジョーカーでも可)とユニコーンを場に出し、ラクーンと相手のダンテを手札(エクストラデッキ)に戻しつつ、手札に戻したラクーンを再び場に出してサーチを繰り返します。

ユニコーン自身も戻すコストに使えるため、必ず相手ターンと自分ターンに一回ずつバウンス効果を使うことができます。

相手は手札があっても、モンスターの展開ができないため、戦闘ダメージを受けます。

この流れで勝つことができました。

今回私が使用した魔術師マジェスペクターは、遊戯王のデッキの中で、最もマジェスペクターユニコーンが出しやすいデッキの1つです

サーチカードがオッドアイズ軸魔術師とマジェスペクターカテゴリで上手く噛み合っています。

ペンデュラムスケールは竜穴の魔術師(多くのカードでサーチ可能)で8だから、ユニコーンがすぐに出てきます。

このデッキの強みです。

また、スキルドレインや昇天の角笛を竜穴の魔術師のP効果で破壊することができる(実際今回破壊している)ため、彼岸はやりにくかったと思います。

エクシーズ・ユニバースをサイドから3積みして、ダンテ2体でビヨンドを出したかったのですが、今大会中引くことができませんでした。

大会の感想

実は、優勝しましたがモヤモヤしています。

何故かと言うと、エクシーズ召喚・融合召喚をした回数は、優勝をするまでに大会を通じてたった2回だけです。

カステル1回、フレシア1回のみ。

マッチ戦なので、優勝までに12回も試合をしているのに、ほとんどエクシーズと融合を使っていません。

理由は、ペンデュラム以外の特殊召喚をする余裕がなかったからです。

対戦相手の多くが御前試合、群雄割拠、スキルドレイン、一回休みなどの妨害カードを搭載しており、実際に何度も使われたため、竜穴の魔術師のP効果を使う必要がありました。

そのため、エクシーズなどをするより、ラクーン、ドクロバットジョーカーでPモンスターを手札に補充して、竜穴の魔術師のP効果コストにしなければなりませんでした。

したがって、極力Pモンスターを墓地に送らず、エクストラからP召喚するために、エクシーズ、融合は控えました。

オッドアイズペンデュラムドラゴンが高打点のため、エクシーズと融合をせずにすみました。

そしてマジェスペクター・ユニコーンで、相手の上級モンスターをフリーチェーンでバウンスできるので、有利に戦うことができました。

しかし、エクシーズ、融合の回数が優勝までに、たった2回だけってのは、想定していなかったので驚きです(もちろん優勝はデッキ構築の段階からある程度狙ってました)。

下記の動きを事前に練習しています。

・ビヨンド+おっpで戦闘ダメージ2倍効果でジャスト1キル

・覇王黒竜からのストライクディスオベイでバーンダメージと単体9000打点

・天空の虹彩でオッドアイズフュージョンサーチでエクストラ融合、ボルテックス召喚でフィールド制圧

・帝、彼岸対策で深淵に潜む者、巨岩掌ジャイアントハンドをエクシーズ召喚

これらは一切使えませんでした。

それにしてもマジェスペクター・ユニコーンさん、強すぎです。

ほとんどの試合で大活躍でした。

オッドアイズペンデュラムドラゴンの高打点と戦闘ダメージ2倍も、優勝に大きく貢献しています。

大会だからこそ、今回のデッキのサーチカードが多いため、手札事故が起きにくい、という特徴が強みになります。

サイクロンをサイドに入れていたおかげで、何回か魔封じの芳香の発動にチェーンして破壊することができました。

サイクロンを引けなかった場合を考えて、魔封じの芳香対策に魔導戦士ブレイカーやライトロードライラをサイドに入れるのもありかなー、と思っています。

ただ、現環境を考えると、帝、EMEmをしっかり対策しないと自分のデッキでは勝てないため、今回のサイドで良かったと思います。

結果論ですけどね。

次に大会に出る時までに、また調整を加えます。

さいごに

なんだかんだで、遊戯王歴で公認大会初優勝、めっちゃ嬉しいです。

次の大会は、10月17日、10月18日にスリーブ20枚がもらえる遊戯王の日があるため、それは必ず参加します。

愛用のガガガデッキを使いたいなーと思うのですが、あえてシャドーミスト制限で弱体化したHEROでも良いかな、と考えています。

HEROにハンドを混ぜたり、メンコートを投入したり、ヴォルカニック軸にしたりと色んなパターンを試しながら構築中です。

もしくは持っているデッキで1番展開力の優れているジャンドですね。

先攻でクエーサー、エクストリオ、ダークロウが3体、高確率で並びます。

【デッキレシピ】遊戯王最新版ガチジャンド【大会仕様】

http://wp.me/p5tZkd-qL

どのデッキを使うかは、またデッキ構築して、遊びながら考えます。

こうやって考えているだけでワクワクしてきます。

やはり遊戯王って楽しいです。





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA