【遊戯王】慧眼の魔術師のレビュー【効果・評価】

慧眼の魔術師 VJMP-JP100

慧眼の魔術師 VJMP-JP100

ペンデュラム・効果モンスター

星4/光属性/魔法使い族/攻1500/守1500

【Pスケール:青5/赤5】

(1):もう片方の自分のPゾーンに 「魔術師」カードまたは「EM」カードが存在する場合に発動できる。 このカードを破壊し、デッキから「慧眼の魔術師」以外の 「魔術師」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。 【モンスター効果】

(1):このカードを手札から捨て、 自分のPゾーンの、Pスケールが元々の数値と異なるカード1枚を対象として発動できる。 そのカードのPスケールはターン終了時まで元々の数値になる。

 Vジャンプ(2015年6月号) 付属カードで登場した光属性魔法使い族下級ペンデュラムモンスター
 このカード破壊してデッキ魔術師ペンデュラムゾーンに置くペンデュラム効果ペンデュラムスケールが変化しているカードペンデュラムスケールを元に戻す起動効果を持つ。

 ペンデュラム効果は自身を同名カード以外の魔術師に変換するもので、ペンデュラムスケールを1・3・8および4に変えられる。

 状況に応じて適切なペンデュラムモンスターペンデュラムゾーンに用意できる意義は大きく、《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》と違い即座にペンデュラム召喚も可能。

 もう片方に魔術師が置かれていれば、《時読みの魔術師》《星読みの魔術師》ペンデュラムスケール変更のデメリットを回避できる。

 特に《時読みの魔術師》発動条件を無視してペンデュラムゾーンに置ける点は非常に優秀である。

 効果発動した後はエクストラデッキに送られるので、即座にペンデュラム召喚フィールドに戻す事もできる。

 同名カード発動制限もないので、このカード2枚をペンデュラムゾーンに置いてそれぞれの効果を使う事もできる。

 《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》サーチにも対応しているので、手札に複数枚所持することも難しい事ではない。

 モンスター効果は、変化しているペンデュラムスケールを一時的に元に戻す効果

 魔術師《星読みの魔術師》《時読みの魔術師》《相生の魔術師》スケールが変動するデメリットを持つものが多く、特に《時読みの魔術師》デメリットを打ち消せる点は魔術師搭載型【EM】としては非常に心強い。

 ただしこの効果を使うとこのカードエクストラデッキではなく墓地に送られるため、ペンデュラム召喚できずディスアドバンテージとなる。

 ペンデュラム効果によるサーチを用いれば《時読みの魔術師》《星読みの魔術師》デメリットは容易に回避できるため、ペンデュラム効果の方を積極的に狙いたいところ。

 多彩なペンデュラム効果を持つEMを一方のペンデュラムゾーンに置いておきたい場合なら、コンボの布陣を維持しつつペンデュラムスケール1・8を調達できるため、こちらの活用が選択肢にもなってくるだろう。

 優秀な効果を持つが、いずれもあくまで他の魔術師の補助に徹しており、これ単体ではこれといった機能をしない点が欠点となる。

 ペンデュラム召喚は最低2種のペンデュラムモンスターと呼び出したいモンスターを必要とするが、そこにサーチデメリット回避のこのカードまで含めると、大きくメインデッキの枠を食ってしまう。

 同様にサーチの役割を担う《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》等と比べ、エクストラデッキに行きペンデュラム召喚しても、モンスターゾーンではステータスも低いバニラなのもつらい。

 自身のレベル召喚及びペンデュラム召喚しやすい4なので、エクシーズ素材にしたり《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》融合素材にして処理したい。

 自身のペンデュラム効果《相生の魔術師》《相克の魔術師》ペンデュラムゾーンに用意しておけば、ランク4のドラゴン族モンスターにした後に《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》エクシーズ召喚も狙える。

  • 「慧眼」とは、物事の本質を見極める力が優れていることを意味する。

    どちらの効果も、適切なペンデュラムスケールを「見極める」ものと言えるだろう。

慧眼の魔術師の感想

EMデッキと魔術師デッキには3積み必須のカード。

アド損しないサーチ能力なので、スケールの3以下のモンスターをペンデュラムゾーンにセットすれば、ランク4から2までペンシュラム召喚を行うことができる。

遊戯王アークファイブの主人公榊遊矢はEM、魔術師ともに使用しているため、確実にこのカードが関係する両カテゴリーは優遇される。

実際、EMは現状でもかなり強いが、安定性と初動が遅いのが欠点だった。

この慧眼の魔術師でその欠点がある程度解消されている。

そして、マスターオブペンデュラムのストラクチャーで必ず魔術師は強化される。

ぜひ慧眼の魔術師は複数枚手に入れておきたい。

今後ペンデュラムはさらに強化されていくので、このカードの評価は今後高くなるに違いない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA