【初心者向け解説】光触媒の花・草木とは

41VcU0-A62L

光触媒の花・草木とは(初心者向け)

光触媒の花や草木について簡単に説明すると、造花の観葉植物に、「光触媒」加工を行い、防菌・防臭効果などを加えたものです。

造花なので、植物の特性である二酸化炭素を酸素に変えたり良い匂いがしたりなどはありません。

「光触媒」によって空気中の臭いを消したり雑菌を駆除したりします。 光触媒(ひかりしょくばい、英: photocatalyst)は、光を照射することにより触媒作用を示す物質の総称である。

また、光触媒作用は光化学反応の一種と定義される。 上記はwikiより抜粋 造花なので、水や肥料は必要ありません。

光触媒そのものが、防菌・防臭効果を持ちます。 観た目が綺麗で、空気を浄化してくれます。

手入れが不要のため、一人暮らしをしている人、仕事や趣味で忙しい人にお勧めです。

プレゼントにも最適です。

お部屋に一つ光触媒の花があるだけで、心が綺麗になりますよ!

私も以下の2つの光触媒を買いましたが、とても気に入ってます(^○^)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA