【初心者】ゴルフで球が大きく右に曲がるスライスを治す方法【上達方法】

 GOLFゴルフ画像イラスト

スライス克服

2年ぶりにゴルフを再開したのですが、玉が上がらず、大きく右に曲がってしまいました。

いわゆるスライスですね。

初心者によくあるゴルフの症状です。

ほぼパープレー(平均スコア約72)でまわるアマチュアの人から受けたアドバイスを思い出し、2日でスライスを治すことができました。

初心者がスライスを治す方法

・脇を締める

これめっちゃ大事です。

脇が開いていると球筋が安定せず、スライスやフックがでます。

今回、私は練習場で汗ふき用の手ぬぐいを左脇に挟んで練習しました。

・頭の位置を最初(テークバック)から最後(フォロースイング)まで変えない

プロゴルファーのスイングをスロー再生で見てみると、共通しているのは、最初から最後まで頭の位置がほとんど変わらないことです。

ゴルフボールという小さな目標にクラブヘッドを的確に当てるには、安定したスイングが必要なので、頭の位置を動かしてはいけません。

鏡の前で素振りをすると、自分のスイングのどこに問題があるか、わかるはずです。

・トップからクラブを下ろす時に右肘をまっすぐおろして脇腹に当てる

これはスライス克服の特効薬です。

トップから、まっすぐ(真下)にクラブを振り下ろすようにダウンスイングします。

そうすると、右肘が右脇腹の方に引き寄せられ当たります

そのまま右肘を右脇腹に固定するようにして、体の回転でスイングします。

びっくりするくらいスイングが良くなりますよ。

・玉をふわっと打つ

ゴルフのスイングは力みがちになりますが、人間の筋肉は力めば力むほど、素早く動けなくなります。

優しくクラブヘッドを球に当てるようにしてスイングしたほうが、ヘッドスピードは上がります。

さいごに

世の中には様々なゴルフ理論がありますが、基本的で一番重要な部分のみを上記に挙げました。

これらのことに注意すれば確実にゴルフのスイングは良くなります。

ぜひ試してみてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA