iPhoneの充電が上手くできなくなった場合の対策

iphone画像

iPhoneの充電が突然できなくなる原因と対策

私のiPhone5Sが充電ケーブルを挿しても充電が始まらないことが頻繁に起こるようになりました。

調べてみると、ライトニングケーブルを差し込むiPhoneのドックコネクタ部分に埃がたまったか錆が発生した可能性があります。

ケーブルが悪い可能性もあるのでケース別に下記の対策を書きました。

ライトニングケーブルの不良(断線など)

アップル社のライトニングケーブルは非常にデリケートなため鞄に入れて持ち運びをすると金属部分が折れたりケーブルの線が切れてしまうことがあります。

ケーブルに問題があるか調べるには、携帯ショップに行って充電がうまく出来るか試してみましょう。

携帯ショップで充電ができれば、今お使いのライトニングケーブルは状態が悪い事がわかります。

私はアンカー社のライトニングケーブルを使っています。

アップルの公認商品で、金属部分に補強がされており品質が高く値段が安いので、お買い替えは下記の商品がオススメです。

iPhoneのドックコネクタ部分にホコリが溜まった場合

ドックコネクタ部分は埃がたまります。

埃が水分を含み、固まって蓄積されると、充電が上手くできなくなります。

ケーブルを刺して少し捻ると充電ができたりする場合は、ホコリが溜まって充電ケーブルの反応が悪くなっている可能性が高いです。

その場合は使い古した歯ブラシなどでドックコネクタ部分を入念に擦って磨いてください。

最後に歯ブラシでゴミを書き出すようにこするとホコリの塊が出てきます。

私の場合は2つ大きなホコリの塊が出てきました。

このメンテナンスの注意点は歯ブラシを水で濡らさないでください。

埃が水分を含んでよけい取りにくくなります。

iPhoneのドックコネクタの金属部分が錆びてしまっている場合

ドックコネクタ部分が錆びている場合、これはかなり重症です。

歯ブラシでこするだけではどうしようもありません。

私は、埃をとっても充電できなかったので、ドックコネクタが錆びていることがわかりました。

iPhoneを修理に出そうか迷いました。

アップルケアに入っていますが16000円する上にiOSがバージョンアップするとiPhone5Sでは動作が遅くなってしまうため、なんとか錆を除去したいと考えました。

そこで考えたのは薬品で錆を除去することです。

結論として、私は少量のアルコールで金属部分を何度も磨き錆の除去を行いました。

使ったのはスプレー式の手を除菌するためのアルコールです。

アルコールで磨くと、錆が落ちてiPhoneは充電を行うことができるようになりました!

注意していただきたいのは、アルコールの量が多いと、内部に水分が侵入して故障する可能性があります。

アルコールは揮発性が高く、すぐに乾くため、少量でしたら問題ありません。

アルコールを使う際は、歯ブラシにアルコールを少量付けてから歯ブラシでアルコールを擦り付けると上手くいきます。

まとめ

iPhoneのドックコネクタ部分は露出しているため、埃がたまりやすいです。

充電が問題なくできるとしても定期的にブラシでドックコネクタ部分を掃除してください。

埃が水分で固まって取りにくくなる前にメンテナンスすることで、iPhoneをより長く使うことができます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA