7つの習慣を簡単にわかりやすくまとめた

7つの習慣の内容まとめ

7つの習慣

人生で成功するために大切な「7つの習慣」をわかりやすくまとめました。

7つの習慣とはスティーブン・コヴィー氏の著書で、世界的に有名な本です。

自己啓発本としてとっても良い内容なんですが、内容が多くて私の頭では理解するのが少し難しいです。

ですので、忘れてしまってもあとから理解できるように、要点をまとめることにしました。

私は学生時代に7つの習慣をレポートにして在籍していた大学に提出しました。

この7つの習慣の記事が大学生のレポート作成に役立つかもしれません。

7つの習慣について、内容のまとめと私の感想も含めて書いておきます。

第1の習慣:主体性を発揮する(自分を変えようと常に意識する)

・自分の人格を育てて、本当の意味での成功を目指すことが大切です。

良い結果を出しても、将来的に成功するためには、周囲との関係を良くしておかなくてはいけません。

そのためには、自分の人格を育てて、自己研鑚を怠らない考え方が必要不可欠です。

自分さえ良ければいい、という考え方は、自分を不幸にします。

・人は物事を深く考える必要があります。

客観的な視点で自分と周りを捉えることが大切です。

・結果を変えるには、物の見方を変えることが大切です。

自分の考え方が結果を悪くしてしまうことが多いです。

逆に言えば、考え方を変えることで結果をいくらでも良くすることが出来ます。

考え方を変えて、良い行動を取りましょう。

第2の習慣:目的を持って始める(なりたい自分を想像してから始める)

第3の習慣:重要事項を優先する(重要な事を後回しにしない)

第4の習慣:Win-Winを考える(自分も相手も幸せな方法を探す)

第5の習慣:理解してから理解される(相手のことを心から理解する)

第6の習慣:相乗効果を発揮する(対立は成果への第一歩と考える)

第7の習慣:刃を研ぐ(肉体や精神を日々、磨く)

第8の習慣:肉体や精神を日々、磨く(さらに自分を高める)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA