電車の中で自分のビジネスバッグが置き引き(盗難)されました

fate-saver

<h1>電車で鞄を置引きされて財布を盗まれた</h1>

電車の中でつい居眠りをしてしまい、膝の上に置いていたにもかかわらず、鞄を置き引きされました。

まずすぐにクレジットカード会社に電話して、使用を止めました。

それからキャッシュカードの使用を止めましたので、これで最悪の事態(膨大な金額の不正利用)を防ぐことが出来ました。

今回手提げのビジネスバッグを盗られてしまったので、今後は肩掛けの鞄を使うことにします。

鞄が出てくることは諦めています。

警察に相談したら、金目のものが入っていたら、証拠を出さなない為にそのままゴミ箱にポイするそうです。

いい勉強になったと思って諦めます。

<h1>鞄(財布)を置き引きされて学んだこと</h1>

置き引き被害にあったら、気づいたらまずは最優先でキャッシュカードとクレジットカードを利用停止する。

鞄・財布を紛失した場合の対策も同様です。

後日身に覚えのないクレジットカードの請求や銀行の不正引き落としを防ぐためです。

スマートフォンを持っていればキャッシュカードなら「銀行名、電話番号」で検索。

クレジットカードなら「クレジット会社名、電話番号」で検索。

電話番号がわからなければ104番の番号案内に電話して聞く。

電話を持っていなければ、警察に相談して電話を借りた上で電話番号まで調べてもらうのも手です。

実はカードの利用停止をすると財布が戻ってきやすくなります。

もし財布が盗まれていて、利用停止中のカードを犯人が使った場合、ブザーが鳴って身柄を拘束するからです。

そのあとは、警察に紛失届と盗難届を出します。

できるだけ盗難届を出してください。

警察の捜索期間が長いからです。

紛失であっても盗られたはずといえば受理されます。

盗難した犯人は鞄・財布を捨てることが多く、盗難届を出しておけば、紛失にも対応してくれます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA