自力で二重まぶたになる方法

えるたそ 二重まぶた 自力 方法

二重まぶたになる原理

二重まぶたというのは、簡単に言うと、まぶたに折り目が付いて、そこが常にシワが付く状態のことを言います。

つまり、二重まぶたになるためには、まぶたにシワを付けて維持をすればいいのです。

二重まぶたになる方法

まぶたの脂肪を減らす

まずはシワを付けるために、まぶたの脂肪を減らします。

何故かと言うと、皮膚が薄いほうが、シワがつきやすいからです。

細い木と太い木、どちらが折れやすいか考えると、脂肪が少ない皮膚のほうがシワ(折れ目)がつきやすいことがわかります。

整形手術には、まぶたの脂肪をとって二重にしやすくする方法もあります。

脂肪を減らすためには、食事制限をしたり、まぶたの筋肉を使ったり、顔のマッサージ(こめかみ下辺りを軽く揉む)で血行を良くしてください。

まぶたに二重のくせをつける

まぶたの上を細くて先が尖っていないもので軽くなぞってみてください。

そうすると、抑えている部分が食い込んで、きれいな二重まぶたになるはずです。

一番きれいに二重まぶたになる折り目を把握して、そこに癖をつけるようにします。

癖をしっかり付けるためにアイテープやアイプチを使う方が多いようです。

シワが付いた状態でアイテープやアイプチで固定して、一晩寝たりする人が多いです。

アイプチは目の中に入ると蓄積されて健康上良くないと聞くので、私はアイテープをおすすめします。

二重まぶたになるまでの期間

ネットの口コミをみると半年から1年くらいが基準みたいです。

始めたら諦めずに続けることが大切ですね。

最後に

過剰な力を加えたり、間違った方法をするとまぶたに異常をきたすので、注意してください。

男も女も二重まぶたのほうが魅力的になる場合が多いので、興味が有るようでしたら、二重まぶたにチャレンジしてみるといいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA