腕時計のバンド(ベルト)の交換と電池交換を行った

腕時計のベルトを自分で交換することにした

仕事で使うために、壊れてもいい時計を購入した。

私は鉄工所で働いているので、万が一壊れても問題ない時計を仕事中につけることにした。

citizenの1000円の時計が非常に評価が高かったので、その時計を買った。

時計は、本体はかっこいいが、ベルトが安っぽいので、ベルトのみを自分で交換した。

ベルトの交換

・交換用のバンドとcitizenの腕時計

交換用のバンドとcitizenの腕時計

・腕時計交換の穴と道具

腕時計交換の穴と道具

・棒バネを押してずらせば簡単に腕時計のバンドは外れます

棒バネを押してずらせば簡単に腕時計のバンドは外れます

・完成

腕時計バンド(ベルト)交換完了

さいごに

道具さえあれば簡単に交換できます。

注意するべきことは、バンドの太さ(横幅)を合わせないと、取り付けることが出来ません。

本当に簡単にできるので、腕時計のベルト交換は自分でやってみましょう。

下記の物を私は今回購入しました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA